(仮)

前に、

事故の過失相殺論(過失を自分から認めたら負け論)と、

日本軍キリスト論(戦時や平時の、トラフィッキング(強制労働、誘拐)やレイプなど、人類の罪を代表して謝り、磔にされ、世界がその問題を解決することを善導していく)、

と言うのを書いたことがあります。といっても、誰も読んでいないと思いますが。


で、建前論を書いて良いですか。

世界には、もう二度と起こしたくない凄惨な犯罪、例え多くの国々がやっていたとはいえ、一応シメておいたほうがいい犯罪と、

そういうのはこれからも起こりえるから、拘泥しないほうが良い(と為政者たちが考える)犯罪があります。

従軍慰安婦や強制労働の扱いは、世界が、それに、どのくらい真面目に取り組む気があるか、によって違ってきます。


ナチスのホロコーストは世界としてシメておかないとヤバイ犯罪、日本のクーリー連行と慰安婦は、どこにでもある戦争犯罪です(*1)。

ただホロコーストが、ソ連やインディアンの虐殺などと全く異なるかといわれると、これも微妙です。

逆に言えば、ドイツとイスラエルは、ホロコーストを断罪したことで、

ソ連や毛沢東の強制収容所を見逃のがし、また、白人のインディアンやアボリジニへの加虐行為を見逃したことになります。

もしくは、見逃した上で、水に流し、今後、全部まとめてホロコーストは二度とやらないという誓約の軌跡は残したことになるか。

スターリンはガス室で殺さなかったかもしれないけど、強制労働や拷問で殺された人は多いです。

世界の人々が、これからもトラフィッキングと戦時の売春はOKにしておこう、というなら、日本を責めることは無いし、

そういうのはやめよう、というなら、日本が代表して謝るか、それに相当する国は世界の歴史家を総動員して、全員で頭を下げないといけない。


(*1)犯罪というか、やりたくない仕事をやらされることは、海外の侵略以外にも、現地政府の失政や貧困から発生し、自発的意思の有無などはどうとでも言えます。はした金でヨゴレ仕事を差し出されたとき、餓死するか売春(男性なら強制労働)するか、と言われて、生きる為に自発的意志でやったともいえるし、脅されたともいえます。親族が子供を売るケースも多い。

 
「慰安婦」問題とは何だったのか―メディア・NGO・政府の功罪 (中公新書)
「慰安婦」問題とは何だったのか―メディア・NGO・政府の功罪 (中公新書)大沼 保昭

中央公論新社 2007-06
売り上げランキング : 257046


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

グーグルはドンド・ビー・イービルをモットーとし、危ないサイトはアクセスが見込まれても弾いています。

殺人とか危険なサイトはそれでも良いのですが、問題は、株とか、全員に特上の情報が入ると、全員が負けてしまうようなサイトです。

インターネットは多くの人が参入した為か、情報統制がテレビなどのレガシーメディアと同じレベルになってきて、上記のここだけのお得情報などは、有料メールマガジンなどが伸してきています。

でも、モノの例えですが、世の中には、共産革命を夢見たり、喜捨をしたり、ゾロとか五右衛門みたいな人だっています。それの情報版です。

もしくはスノーデンが漏らしたようなタイプの情報です。

だいたい、入手元を裏切って情報を漏らしていくと、だんだん情報が手に入らなくなり、最後にはハッキングとかしないと手に入らなくなるし。

つまり次の手、佐藤優のように、逮捕されて外交官をやめたら言論で稼ぐ、みたいな、計画性がないと、人生としては続かない。一回限りのステップアップの為の手段というか。

 

日本の書籍市場には、今の時点では信頼できる情報がまだ存在します。

目を皿のようにして、しつこく探せばです。大手書店をくまなく回る程度では全然駄目です。売り上げの為に、平棚にヘイト本を置くようなこの時勢で、書店はあまり信頼できません。私の場合は、アマゾンをしつこく巡回して、気に入ったレビュアーなどをマークしておいて情報を仕入れます。

 

本当に知りたい情報が、目に付くところに無い情報体系を築いた言語圏は、成功欲、知識欲のある人や、インテリに見限られてしまうのではないか。

情報も技術と同じ集積で、多種多様で有用性がある方が優れています。

復古自民党や、刀狩り左翼が政権を取れば、日本の言論空間は、大幅にシュリンク(萎縮)する気配がします。

 

御存じの通り、世界の日本語学習者は大幅に減っています。

経済大国から滑り落ちて、出稼ぎ可能性が減ったのもありますが、国民性が見限られたという可能性も高いでしょう。

例えば、アラビア圏の勉強をする人は、男尊女卑に融和性があるかもしれないし、インドならカースト制度に親和的かもしれません(*1)。

礼儀や工業技術ばかりを尊重し、肝心の教養の中身がない文化は世界の人に見放されます。

 

教養は、危険な事象をどう調理するかという、ハリウッド映画や1人旅、狩猟、賭け事の提供するような、スリルも含まれます。

平和で穏やかと自慢する右翼や左翼の人がいますが、ずっと鎖国していた日本史のマイナー性は、インディアンやアボリジニとそう違いません。

 

右翼の言う、戦後を否定するとか、自殺行為です、アメリカと戦い、融和してきた歴史は、否定すべきものではないと思います。世界が共有できる悩みであり、あり方です。

各国が真似をするかどうかは別として、貴重な世界遺産です。

過去の政権の正統性を少しでも証明する証拠を全部焚書にするような、中国や韓国との違いを見せつけよう、などというと右翼臭いことを書いてみるテスト。


私は本当か嘘かは、あんまり興味ないので、それが他の人と違うところですが。
軍人がキレた拍子に、1人殺したのと、100人殺したのと、どちらもありえる。
もちろん、そういう歴史の掘り起しに、公式に携わってる人は別ですが。



日本は現実に傾いているから、次の世代はもう、英語の方がいいんじゃないかな、と思いますが。
バイリンガルだからといって死ぬわけではないし、日本語が多少崩れたからと言って、誰も困らないし。日本語が不完全なのが嘆かわしいなら、じゃあ世界一(かどうかは知らないが)語彙の少ないフランス語はゴミですか?ということになるし。


世の中には、子供とふれあい人が腐るほどいます。

少子高齢化で、子供と触れ合いたい、何かを教えたい、そういう人が余っています。

 

街中ではやたら子持ちの奥さんなどに話しかけるオバサンをよく見かけます。一方でインターネットでは奥さんはいらないから子供だけ欲しいという男性も多いです。

一方に、猫の手でも借りたいような共働きの貧困層や、シングルマザー、あまりに忙しいために子供を放置したり虐待してしまうような家庭があります。この2者は結びつけられないか。

 

世の中ではとかく、子供の貧困対策といいますが、

子供の面倒は、大人がお金を払って面倒を見させていただくのでも、ビジネスモデルとしては成り立つのではないかという、突拍子の無いことを考えたことがあります。

 

普通、そういうビジネスモデルを取るのは、ロリコンの撮影会くらいです。

だから概念としては、胡散臭いのですが。

 

子供を持つのは大変です。

妻子を養うために、人よりよけいに働かなくてはいけないし、

自分の駄目なところが遺伝したら可哀想だと思う人もいて、そうして色々考えると、

自分の子供を持って、自分で面倒をみる、という現在の家庭モデルを、実現できる人たちは、かなり限られてきます。

かといって三世代同居のモデルを取ると、家庭内がギスギスしたり、居候した側が24時間気が休まらなかったり、介護が嫌だったりします。

もちろん、上手くいく人はそれで構わないですが、全員ができることではない。

 

それを税金というシステムですると、他人の子供にお金を払いたくないという人がいて、

それは恐らく無責任に子供をつくって行政に頼る人が嫌いなので、

だったら、そういう人は払わないで、

面倒を見る人が直接子供の家庭に渡して、直接触れ合えばいいのではないか。

人よりよけいに働いて妻子を養う、といっても、その働き口自体も減っているし、

そういう失業者や老人の、ボケ防止や人生に潤いが出ると思います。

 

もちろん、その人と子供が触れ合うことが、子供サイドにとって、ものすごく効用の良い人徳者や知恵者だったら、逆に家庭サイドから、家庭教師やナニーとしてお金を払って貰えることもあると思います。

フリーランスなどが、始めは顔を覚えてもらうために仕事を無給でやり、少しづつ実力を認められて給料を貰えるようになる、みたいなシステムに似ています。

 

何となく理想論的なことを書いてみましたが、現実にビジネスモデルに落とし込むのは難しそうです。

私は、世界にアジア人は、頭が悪くないと思われたいです。

唐突に、尖閣の世界へのプレゼンテーションを考えてみます。

無関係の南米人とかをつれてきて、掘っ立て小屋を建てるとか。難民を受け入れて、魚採りなどで生きてもらいます。

現代美術の展覧会にします。台湾と中国で所有権をもめている、かどうか知らないけど、故宮博物館を持ってきます。貴重なモノが置いてあれば、戦場には出来ません。

これについて思うのですが、戦中の京都や金沢が、文化財が多いとうことで、爆撃を逃れています。

今の地方の美術館にはくまなく、西洋人の大好きなルノワールとか、ロダンの彫刻とか、たくさんあるんですよ。バブル期に買い込みましたから。そこを爆撃とか、できるかな?

中国人とかなら、あまり文化的ではないから、無視して爆撃してくるかな?

石油とか漁業領域については、島の真ん中で境界線敷いたらどうか。日本サイドの損失デカいか。

元々、そういう島は誰も住んでいないから、無ければ無いでいいよ、というのもありそうです。

地震で沈んでなくなるとか、すれば誰も困りません。天の神様の采配です。


尖閣で、共同シンポジウムみたいなのを開いたりすること自体がふざけているとみなされる、今の空気が解せません。

そういうレベルではない、なぜなら、互いに、わが領土だから、ということになるだろうけど。

それは頭の悪い人の考えですよ。

白人さまの世界では、国境は昔から神聖ローマ帝国とか、ナチスドイツとか、七つの海のイギリス帝国とか、融通無碍に代わっているので、

自分のところは少数民族を独立させてみたり、EUを作ってみたり、適当にやり、他人のところは愛国心などを煽ってケンカさせて消耗させる作戦です。

今の対立状態は、尖閣で対立して利得する勢力がいる以上、仕方がない。

周辺各国ですら、ヨッシャ尖閣特需なんて思ってるだろうし、いたしかたがないのかもしれません。

はあー。何か子供みたいなエントリーですよね。はあー。精神年齢、幼いですが、何か。

 

あまりいい例ではないのですが、子供を保険に入れると、事故にあったときに、彼が生きていた場合の生涯年収を換算して、1億とか出ると思います。

1998年頃に、宅間守(死刑執行済み)が、お金持ちの人用の幼稚園でテロをやったときに、そういう賠償額が出て、俺は1億の価値のある命を8つも損ねてやったんや、ザマアミロ、と法廷で叫んだそうです。

というわけで、凶悪事件を例に上げたのは悪いですが、人には保険が掛けられます。

 

そのように世界の市民を皆保険にして、国連みたいなところから、保険がでるようにしたら、戦争は抑止できないか。

もし人が大量死すれば、もちろん国連負担金は増えます。誰かが戦争を起こすと、みんなが損をする構造にします。

そうすると、ヨソの戦争は景気対策、みたいな呑気な思考回路を取る人は減ってきます。今のままでは、朝鮮戦争で日本が景気回復したように、WW2で本土を焦土にしなかった、アメリカが、世界帝国にのし上がったように、日中戦争で喜ぶ国は多いです。

 

または、主体を変えて、国連とか国家、軍需企業に出させるのはどうだろうか。脳内湧いてますか。

企業は、消費者にとって危険なものを作ると、製造物責任とかで、リコールで賠償金払ったり、アメリカではコーヒーをこぼした消費者が、マクドナルドに裁判で勝っています。

核やミサイルなど、大型の武器は、抑止力という名目で有権者から金を取って維持しているのに、それが自分たちの頭の上から降ってきたら、これは契約違反に成り得ますか。

例え有権者=消費者の選択ミスでも、商品はフールプルーフでなくてはいけない。

 

私はどちらかと言うと左翼なのかもしれませんが、既存左翼のきれいごとが戦争を止められるとは思いません。彼ら(シールズなど)は人間の鎖をやるどころか、ストライキです。

そりゃあ地球住人の全員が無防備にストライキをやってくれれば、良いですが、世界には気の荒い人がたくさんいて、囚人のジレンマです。こっちが白旗を上げれば、相手の総取りです。気の荒い人に平和を説いても、彼らは生活が貧窮していたり、エネルギーが有り余っているので、無理な話です。そもそも、地球が養うには、世界人口が多過ぎるという噂もあります。

 

なので、戦争で亡くなる人に、保険を掛けて、世界の人が全員で払うようなシステムを戦争税を作れば、戦争での金勘定が好きな人にも、抑止力になるのではないか、と言うアイデアを書いてみました。

戦争の起こる原因は、腹黒いのだから、黒いアイデアでないと戦争は止められません。

尖閣は中国の命知らずの漁民がウロつき、たまに日本の右翼が偵察に行きますが、とりあえず持ち主は日本人らしいです。

まあ土地所有制度とか戸籍とかできたのが、戦中だし、仕方ないです。昔は誰も住んでいなくて、沖縄人か何かが、貿易に立ち寄ったとか、噂です。

 

ところで、日中は共に、資本主義の尖兵をやってきました。

そこで、尖閣の値段をつりあげて競売合戦にし、それをまた売りつけるなどの茶番を繰り広げれば、

GDP2位と3位の成金合戦に世界が注目し、はたまた経済交流でGDPがあがるう。

 

尖閣の日本所有はサンフランシスコ条約で決まったことなので、本当は本尊(アメリカや国連)にお伺いが要るはずですが、

敢えて放置して火種を煽っているとは国際社会は怖いぜよナムナムみたいなことが、どこかに書いてありました。

北朝鮮も成り立ちが似ています。

冷戦崩壊したのに、誰も責任を取らない。

共産主義はもう終わっているのに、人民が飢えてヘボい核をつくるだけの危ない地域に成り果てました。

そうやって、米中ソの駆け引きでエアポケットをつくった挙句に、適当につついて自分のところの選挙対策にしたり、みんなひどいです。


でも、尖閣とか竹島は、本当はいらないよね、だから人が住んでない。あんなところ、誰も住みたくない。

海底油田!漁業海域!

いやいや、面倒臭いから、バンカーバスターで島ごとふっとばせ。元から、なけりゃ問題にならないのです。

 

竹島は、韓国のアホな右翼が住んでいるそうですが、写真を見たら岩だらけだったので、本当にアホだなと思いました。

食糧を届けるなど、アホなネットワークが韓国には広がっているのだろうけど。

でも、スラムで飢えて死ぬより、危険な国境で暮らすとは、なかなか、商魂たくましいです。

あまり人が住んでいなかったので、無理やり入植したという、満州開拓民に近いか。

これなら、日本の右翼もワープアとか恐れずに済みます、

竹島や尖閣に移住すると、全国のネット右翼が生活費を送ってくれます。死ぬかもしれませんが、右翼の憧れの特攻隊です。

右翼のみなさんは行きますか?ソフトバンクにネット敷けとか言いますか?

 

北方領土も、住んでいるのはロシア人だそうで、日本人は、そこまで生活困窮していませんが、破たんしたら、そういう変人もでてくるかもしれません。

日々の貴重なニューススペースなどを占領して、領土についてゴタゴタ騒ぐなら、住んでしまえホトトギス。実効支配です。

でも、北方領土とか、中露の国境とか、ああいう僻地に住んでいる人は、何人にせよ、愛国心とは関係なく、他に住むところもないし、仕方ないだけだと思います。

実効支配を目論む政府が、補助金出しているかもしれませんが、詳しいことは知りません。

 

テレビ、飛行機、インターネット、GPS、ケータイ、気象衛星、私たちの生活を便利にするものは、ほとんどが戦争から生まれた技術です。

詳しい説明を省くので、知りたい人は検索とかして下さい、すみません。

ベンチャーがお金を集めるのは大変ですが、戦争名目だと人はいくらでも金をだし、命まで出す人もいる始末です。

世界中の人のお金を集めて将来性のある技術や人々に投資する、金融工学は、21世紀の新しいフェーズですが、先のスキャンダルでミスを犯し、この先どうなるか分かりません。

だから大型投資が出来、技術が発展し、世界の人が恩恵を受ける、というサイクルを世界史は繰り返してきました。

これと、人命尊重は、両立するか。戦争は、南極や火星でやってくれないだろうか。そういうルールを作るのは、無理でしょうか。

ドローンやロボット兵士というのも増えてきましたが、

生身の兵士もスペシャリストで、かつ任務のリスクが高いから、高給でないと、やっていられないし、

戦争はお金がかかり過ぎてコストに合わなくなり、

アメリカも、メキシコ移民は入れたくないけど、安く兵隊さんにしたいという噂があります。

以前、311関連の本で、原発事故の後始末に、末端作業員を使うのは危険で人権侵害なので、ブラックウォーター(アメリカの傭兵会社)を入れればいい、と書いてあり、逆差別じゃん、と思いました。

全ての人は結局、そういう思考から逃れられないのか。

 

若い人は紅白とか見ていますか?

私は紅白が嫌いなので、親が聴いている紅白を、ヘッドフォンを聞いて大音量の洋楽で消していました。紅白は昔から、日本の大物ミュージシャンのあまり出ないし、コケにされているのではないか。

 

原発対抗歌合戦は、JPOPの生き残りをかけて世界に発信、洋楽の人も呼びます。フジロックふうの一大イベントへ。フジロックは最近ヘボいという噂ですが大丈夫か。

 

で、原発対抗歌合戦は、

坂本龍一とか忌野清ろうみたいな?反戦フォークみたいなイメージの人たち

VS

東京電力のスポンサーをやってるドラマの主題歌を歌ってる歌手陣みたいな人たちです。

利害関係者が来ていて、応援席なんかも映します、花束わたしにきたり。芸能界のお友達紹介みたいに利害丸出しで行きます。 日本の仕組みが、クリアになります。

歌詞とかも反戦とかアンチ東電とか、逆方向なら、電気つかってガンガン行こうよ、愛して作って増えて電力消費して、みたいに入魂でいきます。

 

応援は海外からも呼ぶというか、巻き込みます。フクシマにしかできません。 で、フジロックみたいに世界遺産にしよう。

チェルノブイリ・ロックとか、なんかかっこよくね?

きっとハードコアな筋金入りの人が集まってくれます。音楽のリアルを追求しよう。

 

あいからわらずNHKは、紅白にでることができて感極まる出場者みたいのを、自作自演で流していたりしてキツイんだが、どうにかならないのか。

 それで世界からケータイで一人一票投票できるようにして集計したりする、視聴者参加型イベントです。

でもそういう過激企画は、今が1970年代みたいなつもりで、テレビをボケっと見ている、鉄板視聴者のじいさんばあさんがお亡(略)ならないと駄目かもしれません。

 

このページのトップヘ